フランス留学なら語学留学から専門留学まで扱う日仏文化協会へ

フランス短期留学

滞在スタイル

ホームステイ

フランスの一般家庭に滞在するので、現地の生活や文化に直接触れられます。寝室は個室が確保されますが、複数の生徒を同時に受け入れているケースも多く、トイレ、浴室などはファミリーや他の生徒と共同で使用するのが一般的です。食事は朝夕2食付(カンヌは朝食のみ)。夕食は家族と一緒に食べるのでフランス語を使用するよい機会となり、短期間で日常的に使用する表現を覚えることができます。家族構成は一人暮らしから大家族まで様々で、アジア系やアフリカ系など多様な起源をもつ方がいらっしゃるのもフランスのホームステイの特徴です。
ホームステイ

レジデンシャルホテル

日本でいうウィークリーマンションに似ています。シャワー、トイレ、簡易キッチン(食器、調理器具、冷蔵庫付き)、ベッド、机などが備わっていて、生活をすぐにスタートすることができます。光熱費は宿泊費に含まれているのが一般的です。洗濯は施設内または近所のコインランドリーとなり、テレビの有無はホテルにより異なります。短期滞在の場合、リネン交換や室内清掃があらかじめ含まれているケースが多いですが、これらのサービスを別料金で提供している場合もあります。
レジデンシャルホテル

ステュディオ(パリのみ)

短期貸しの物件で、立地、広さ、設備によって家賃が異なります。ベッド(またはソファーベッド)、机とイス、簡易キッチン(食器、調理器具、冷蔵庫付き)、シャワー・トイレ、電話、インターネット付きの物件が多いです。基本的な光熱費は家賃に含まれておりますが、過度な使用は追加料金が発生する場合もありますので、節電&節水を心掛けるようにしてください。共同住宅なので、フランスの生活ルール(ゴミ出し、騒音を出さないこと、あいさつなど)を守らなければならず、その建物に住む住人としての心がけが必要です。
ステュディオ

学生寮(大学夏期講座)

大学には付属施設としての学生寮があります。部屋はトイレ・シャワー付きの個室で、キッチンなどの設備は共同使用の場合が多いです。食事の有無は都市により異なります。通常は通年コースに登録している学生しか利用できませんが、夏の学生がいなくなる時期限定で、夏期講座を受講する短期留学生にも広く開放しています(夏期講座のプログラムについてはこちらをご覧ください)。
学生寮(大学夏期講座)

学生寮(カンヌ)

基本は2~3人部屋でトイレ・シャワーは共同使用ですが、追加費用を支払えば個室やトイレ・シャワー付きの部屋への変更も可能です。食事はついておりませんが、ご希望に応じて食事を追加することもできます(有料オプション)。
学生寮(カンヌ)

学生寮(トゥール、ルーアン、ラ・ロシェル、ヴィシー)

私立の語学学校でご紹介している学生寮はレジデンシャルホテルをシンプルにしたタイプが多く、トイレ・シャワー、簡易キッチン(食器、調理器具、冷蔵庫付き)が備え付けられているケースがほとんどです。食事の有無、掃除の有無などは都市により異なります。
学生寮(トゥール、ルーアン、ラ・ロシェル、ヴィシー)

ステュディオタイプレジデンス(ヴィシー)

学生寮同様、トイレ・シャワー、簡易キッチン(食器、調理器具、冷蔵庫付き)が備え付けられています。寮に比べると若干広く、また室内にテレビがあるのが特徴です。学生寮の中にはWi-Fiがご利用いただけないものもございますので、Wi-Fiが必須の方はこちらをご利用いただくのが安心です。
ステュディオタイプレジデンス(ヴィシー)

一般寮(トゥールーズ)

学生専用というわけではなく、フランス人や外国人がさまざまな目的で利用している民間経営の宿泊施設。若者の自立支援の役割も担っていることから、利用には16歳から30歳までという年齢制限があります。部屋は個室で朝食付き。夕食も月16回まで含まれています(17回目以降は追加費用あり)。
一般寮(トゥールーズ)