フランス留学なら語学留学から専門留学まで扱う日仏文化協会へ

フランス短期留学

教師宅ホームステイ(パリ)

Paris

フランス文学の博士号をお持ちで、FLEの教師として30年以上、ホームステイの受け入れ25年以上という経験豊富なClaude先生。16区にある先生のお宅は最寄りのメトロ駅まで徒歩5分、バス停までは1分という好立地です。印象派好きは見逃せないマルモッタン・モネ美術館へも10分程度で行かれます。古き良きパリの面影を残す素敵なお宅でパリ生活を満喫しながら、フランス語を学んでみませんか。

フランス語教師としての経験が人一倍豊富なClaude先生。入学試験の問題作成や審査員としての経験があり、試験に向けたフランス語強化はもちろん、モード、外交分野、ビジネスフランス語といった専門的な分野まで幅広くカバーしています。同居している旦那様も作家や編集者としてご活躍中という文学一家で、ペットはおらず、バスルームは共同使用となります。エクスカーションでは200以上あるパリの美術館の中からお気に入りを訪れたり、エッフェル塔や凱旋門など、これぞパリというスポットをお楽しみいただけます。

教師宅ホームステイ(パリ) セルティナ先生

プログラム費用(ホームテイ3食付き)

1週間
(6泊7日)

356,000円

2週間
(13泊14日)

598,000円

3週間
(20泊21日)

840,000円

プログラム費用に含まれるもの

  • フランス語個別授業週15時間
  • 手配料、送金手数料など
  • 宿泊費(3食付き)
  • エクスカーション週2回
  • シャルルドゴール空港から滞在先までの送迎(往路)
  • 現地スタッフによる電話サポート
  • 通信費、諸雑費
  • エクスカーション時の美術館などの入場料等、またレストランやカフェでの外食費は費用に含まれておりません
詳細はこちらをご確認ください

ゲストルーム

パリ16区、閑静な住宅地にあるアパルトマン。年季が入っているのに、どこかモダンな家具がとても素敵なお宅です。バスルームは先生と共同でご使用いただきます。

  • 教師宅ホームステイ(パリ)ゲストルーム
  • 教師宅ホームステイ(パリ)ゲストルーム
  • 教師宅ホームステイ(パリ)ゲストルーム
  • 教師宅ホームステイ(パリ)ゲストルーム

エクスカーション例

  • エッフェル塔
    1889年に開催したパリ万博の目玉としてギュスターブ・エッフェルによって設計・建設された。建設当時は反対派も多く、「エッフェル塔が嫌いなやつは、エッフェル塔に行け」ということわざも生まれたが、現在ではパリを象徴する建造物として、広く愛されている。 エッフェル塔
  • 凱旋門
    アウステルリッツの戦いに勝利した記念としてナポレオンの命令により建設が開始、1936年に完成した新古典主義の建造物。凱旋門を中心として12本の道路が放射線状に伸びる様子が星のように見えるため、この広場は「星の広場(エトワール広場) la place de l'Etoile」とも呼ばれ親しまれている。 凱旋門
  • マルモッタン・モネ美術館
    印象派という名前の由来となったモネの『印象・日の出』をはじめ、印象派の作品を多く所蔵。ブローニュの森に程近く、美術史家ポール・マルモッタンの邸宅だった美術館の内装も見もの。 マルモッタン・モネ美術館
お問い合わせはこちら