フランスへのワイン留学なら日仏文化協会へ

フランスワイン留学

 

滞在スタイル

自由に選べる滞在スタイル
留学中の滞在先は、目的や好み、期間に応じて自由に選べます。
ここでは、滞在スタイルの違いを設備や条件も含めて解説。
メリット、デメリットをよく把握して、自分にピッタリの滞在先を選びましょう!

ホームステイ

ホームステイフランス人家庭に滞在することで、フランス人とコミュニケーションをとり、生活や文化に触れながら、短期間で日常的に使用する表現を覚えることができます。
また、ホストファミリーは複数の外国人生徒を受け入れている場合が多いので、他の国の学生と友達になれるという利点もあります。寝室は基本的に個室が確保され、トイレ、浴室などはファミリーと共同で使用するのが一般的です。食事は朝、夕、家族とともにするのでフランス語を使用するよい機会となり、フランス家庭の食生活を垣間見ることもできます。

一般寮

一般寮学生専用というわけではなく、フランス人や外国人がさまざまな目的で利用している民間経営の宿泊施設です。女子寮のほか、男女一緒のタイプもあります。寮の規模が大きく、24時間自由に出入りできるのが一般的です。部屋は個室で朝食付きのところが多く、設備により共同キッチンで自炊ができます。

 

 

ステュディオ

ステュディオ日本でいうワンルームマンションです。ステュディオによって設備が異なりますが、基本的にはベッド、キッチン(調理道具付き)、トイレ、シャワーが室内についていて電話も設置できます。物件によりますが、1ヶ月以上の滞在から利用できるのが当協会の特徴です。
ステュディオには学生を対象とした学生用レジデンスもあり、一般的に近代的な大きな建物で、インターネット常時接続料が家賃に含まれているところもあります。共同スペースとして学習室やコインランドリーなどが館内に設置されています。
また、友人や家族を同行する場合など希望に応じて、アパルトマン(2部屋以上あるマンションタイプ)を手配することも可能です。

レジデンシャルホテル

レジデンシャルホテル日本でいうウィークリーマンションに似ています。シャワー、トイレ、キッチン(食器、調理器具、冷蔵庫付き)、ベッド、机、棚、電話も備わっていて、生活をすぐにスタートすることができます。光熱費は宿泊費に含まれているのが一般的です。洗濯は施設内または近所のコインランドリーとなり、テレビの有無はホテルにより異なります。
ホテルにより提供するサービスの範囲も異なりますが、数ヶ月から1年の単位で滞在を受け入れているタイプのホテルは、リネン交換や室内清掃などを別料金で受けている場合もあります。

 

フランスの住居補助について
フランスの住居補助についてフランスには、寮やステュディオなど一般の宿舎に長期滞在する方に、家賃の約30%を一定期間後、補助金として返金するというシステムがあります。
ただし、申請に際しては、滞在許可証取得者で前年の収入が一定額以下でなければならないという条項があります。フランス人が支払っている税金から出ている補助ですので、申請が必要かどうか検討してから、条件を満たしている方は申請するようにしてください。