フランス留学なら語学留学から専門留学まで扱う日仏文化協会へ

フランス文化体験留学プログラム

ワーキングホリデー・ビザ

 

ワーキングホリデー・ビザとは、フランスと日本の若者たちが、自由な時間を利用して、お互いの国の文化や生活習慣に触れる良い機会を与えるため、また滞在費用を補うために就労を許可するものです。

 

研修体験プログラム

 

渡仏例

 

●語学学校に週2〜3回通いながら、ゆったりとフランスの生活を楽しむ滞在。

●刺繍教室・アトリエなどに通い、いつか学んでみたいと思っていた技術を習得。

●以前学生ビザでフランス滞在経験者。そこで身に付けた語学と技術を最大限に利用して、現地で更にスキルアップ。

●子供のころからずっと習っていたフルート、音楽大学を目指すわけではないが、フランスでフランス人の先生に学びたい。

●過去長期滞在経験者。今度は好きなペースでフランス語を学び、現地到着後に、子供の頃から学んでいたバレエを学ぶために教室に通いたい。

以下2014年1月現在 在日フランス大使館HP上より抜粋

1. ビザを取得するための条件

●申請時に満18歳以上30歳以下であること

●フンスを知るための渡航で、なおかつ仕事に就く意思があるこ

●子ども同伴ではないこと

 

2. ワーキングホリデー・ビザの特徴

●ワーキングホリデー・ビザの有効期限

フランスに入国した日から1年。入国する日付はビザ申請時に決まっていること。

●このビザはフランス本土の各県においてのみ有効(海外県・海外領土は除く)

ワーキングホリデー・ビザ所持者は、滞在中にその滞在期間の延長や身分の変更は受けられません。

 

ビザの発給は1回限りですので、十分にご注意ください。フランス滞在中もしくは出発前にパスポートを紛失、盗難しても再発給されません。
仕事が見つかった方は、速やかに所在県の労働管理局(Direction régionale des Entreprises, de la Concurrence, de la Consommation, du Travail et de l'Emploi/ DIRECCTE)で、一時労働許可証(Autorisation Provisoire de Travail)を取得してください。この許可証は職種を問わず、契約書の期間に応じて、即時発行されます。