フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学>音楽留学事情

フランス音楽留学事情

無料留学ガイダンス予約

 

長年フランスに音楽留学で来られている日本人の方々のお世話をしていて常に感じることは、20歳の方でも日本で小さい頃から10年15年と音楽の勉強をこられた方ばかりなので、どうしても先生重視や学校重視になってしまっている事です。フランスでは同時期に複数の学校で、複数の先生から学ぶ事も多くあり、留学するに際して自分が何を勉強したいのか,もう一度確かめてみましょう。

 

音楽留学のためのビザ情報

これは他の留学にも共通しますが、滞在が3ヶ月を超える場合は、日本で事前にビザを取得することが必要です。

 

長期学生ビザ

研修校の登録期間により2つのタイプがあります。

6ヶ月未満の登録の場合には、行政機関への手続きは不要ですが、延長はできません。

6ヶ月以上の登録の場合は、ビザの有効期限は最長一年です。現地到着後3ヶ月以内に移民局OFIIへの申請手続きが義務づけられてます。また、ビザの有効期限がきれる2ヶ月前に現地で滞在許可証の申請をする事で滞在を延長することができます。

テスト生ビザ

このビザは、学校の入学試験を受け、合格した場合に90日を超える滞在をする方に適用されます。 ビザの有効期限:90日。ビザ有効期間中は出入国自由。試験に合格した場合は、フランスにて滞在許可証の申請が可能。試験に合格しなかった場合は、ビザが失効する前に帰国しなければなりません。

日本人音楽留学生の現地での生活

語学学校に通いながら、音楽院(学校)に通うという方が殆どで、後の時間は練習。日々の生活の中で、どれだけ練習時間をさけるかが、結果に直結しますので、語学は日常会話程度ですませ、ひたすら練習に打ち込む方もいます。夜間は勉強の為にコンサートに出かけます。バカンス期間中は先生の開く、夏期講習に参加する方も多いです。


また、欧州各地で開かれるコンクールに参加して実践と共に、それは帰国後のデビューの為の経歴となります。

総じて、留学生活が終わったあと、自分は何をしたいかを考えて重点を決められるようです。例えば、有名コンクールで優勝できなければ、フランス滞在中に何かプラスアルファを見つける事も大切です。日仏文化協会では様々なサポートをご用意しています。