リッツ・パリ内に1988年に設立されたリッツ・エスコフィエ・パリ料理学校は、世界中で最も名高い料理学校の1つとして数えられています。毎年2200時間に上る授業が行なわれ、443カ国から800人以上の受講生を受け入れています。各コース終了時に授与されれるディプロマは、プロフェッショナルたちの間で世界的に広く認められています。リッツ・エスコフィエ・パリ料理学校では、伝統、クオリティ、現代性をうまく組み合わせ、料理法の初歩を学び、技術を身に付けるために、あるいはそれらをさらにパーフェクトなものにしていくための、様々なコースを用意しております。

 

当校のコースは、フランスのガストロノミーのい基本を学びたい、あるいは技術をさらに完成させたいと望まれる料理愛好家、プロを目指す方からプロとし既に豊富な経験をお持ちの方にいたるまで、全ての方を対象としております。個々人のレベルや目的に応じた、料理やペイストリーの理論及び十週の授業を行なうと共に、企業あるいは個人の方からのご要望に応じて、オーダーメイドでの授業や特別なガストロノミー・イベントも開催しております。