フランスパリの楽器の練習が可能な音楽物件をご紹介いたします。

 

 

imageフランス、パリで音楽・楽器の練習が可能なステュディオ・アパートをセットにした、音楽物件プログラムのご紹介です。

 

パリで楽器の練習ができるステュディオを外国人が探すのは、大変困難です。フランスへの音楽留学をお考えの皆様に、日仏文化協会だからこそ可能なピアノ、ヴァイオリン、フルートなどの楽器の演奏が可能な音楽物件をセットにした音楽留学プログラムをご案内いたします。

 

日仏文化協会の音楽プログラムについては、こちらもご参照ください。

 

プログラム費用は、各物件、サポートの内容によって異なりますので、見積り依頼フォームからお送りいただくか、下記までご連絡ください。

 

 

表示されている家賃は現時点の金額です。新契約時に値上がりの可能性もありますので、その際は予めご了承ください。

 

 

<フランスの音楽物件とは>

日本とは異なり、パリには防音設備が完備された音楽学生専用のアパートなど集合住宅は残念ながらありません。

パリで音楽練習可能な住まいというのは、今まで音楽学生が滞在し、近所の方より苦情が出ておらず、また大家からも音楽練習をしてもよいと許可を得ている物件となります。弊社では、現地で情報を得て、音楽演奏可能な物件を手配しておりますが、入居後は各自で「簡易防音対策」をしていただく必要があります。また隣人の入れ替えにより突然クレームが入ることもありますので、大きな騒音問題に発展しないためにも、以下の点をご理解ください.

 

●まず、
パリでは、防音設備の整った音楽学生用の賃貸アパートはありません。通常の賃貸アパートの1室で、過去に音楽学生が住み音出しの実績があり苦情の出ていなかった物件を探します。
そして、次に入居する方も隣人と上手にお付き合いしながら生活をしていくことになります。
閑静な住宅街が多いパリ市内では、騒音を出すことは大変な迷惑行為となりうることを自覚し、また小さな音でも不快に感じる、という事も理解しておきましょう。
特に、日本で一度もアパートなどの集合住宅に住んだ経験ない方は、音楽演奏以外でも、トイレの扉の開け閉め、トイレの水流し、歩く音等にも気を付ける必要があります。

 

●入居の際
まず、入居の際、管理人は勿論の事、上下フロアーの隣人全員にご挨拶して音楽学生であることなど説明し、良い関係を築きましょう。またその後も階段などであった際には、必ず挨拶をしましょう。

 

●滞在中
近所の方に会ったら必ず挨拶をし、時々音楽練習の音がうるさくないか?などお伺いしましょう。一般に音出しをしてよい時間帯は、平日の9時から18時くらいまで(遅くても19時くらい)です。しかし、その間、だらだら練習してよいとは限りません。練習はある程度時間を決めて、集中練習するのはコツです。またテスト直前などで練習時間にボリュームが出るときには、近隣の方の事を考え、練習室を利用することも考えましょう。

土日祝日は午前中の練習は禁止です。午後は、近隣との関係・様子を見ながら少しずつ練習をして、可能な時間を確保していきましょう。ただし、気持ち的には近隣の方がお休みされていることを考えつつ、練習曲・練習方法も考えてください。

 

●防音対策
・壁に面した壁一面に防音シートを張る。キルティング生地やフェルトで代用。
・床は、絨毯やカーペットを敷き、更にその上に段ボールは毛布などを2枚敷く。
・ドアにはウールのブランケットまたは厚手のカーテンを取り付けましょう。
・更に部屋の中に布カーテンで覆われた簡易練習空間を作るとよいでしょう。
・ピアノを設置する場合は、壁から20センチは話して設置、また床には防音マットを敷く。

 

●もしクレームが出たら
・同じ音を出してクレームがなかった場合でも、隣人の入れ替えによってクレームが発生する事があります。クレームが出たら早期問題解決のため、誠実な態度で話し合いをしましょう。
・ドアの前に人ができてノックしたら、必ず返事をして、音のクレームを受けたら、ひとまず謝りましょう。
・クレームを無視し続けると、警察を呼ばれる事がありますので、気を付けましょう。

 

安心して練習できる環境を作る事ができるかどうかは、住む方の入居後の誠実な態度、心がけ次第です。隣人との人間関係を上手に築くように努力しましょう。

 

日仏文化協会
〒105-0021 東京都港区東新橋1-7-2 汐留メディアタワーアネックス1F-2F
フリーダイヤル   0120-14-2122     senmon@ccfj.com