Top>現地からのレポート

エコールデロッシュ オープンスクール参加レポート 2019年4月14日

エコールデロッシュ オープンスクール
エコールデロッシュ オープンスクール
エコールデロッシュ オープンスクール
エコールデロッシュ オープンスクール
エコールデロッシュ オープンスクール
エコールデロッシュ オープンスクール
エコールデロッシュ オープンスクール
エコールデロッシュ オープンスクール
エコールデロッシュ オープンスクール

15歳女子学生 Mさん

 

ノルマンディー地方、Verneuil-sur-Avreにあります歴史あるEcole des Roches オープンスクールへ参加して来ました。


この日は朝、今年9月より入学が決定しているMさんとご一緒しました。Mさんは3月の中学卒業後、フランス語学習のため3か月間パリ市内の語学学校に通うため現在パリ滞在中。ステイ先にお迎えにあがり、モンパルナス駅まではバスで向かいました。モンパルナスからは列車に乗り、約1時間ほどでVerneuilの駅につきます。学校までは歩いても20分程度なのですが、今回学校のスタッフの方がお迎えに来てくれましたので小雨が降る中あっと言う間に学校到着です。

 

ノルマンディーという地方特有でもありますが、当日は広大な敷地の構内に霧がかかり、幻想的でもありました。学校スタッフの方は、昨日まで快晴だったのだけどなぁ、、とおっしゃっていました。

 

9月1日からSecondクラスに入学されるMさんが入寮予定の女子寮で、在校生の歓迎のもと受付、レセプション会場には数種類のパンやジュース、温かい飲み物が用意され、ホテルの朝食会場さながらでした。事務局長のマダム パスカルに案内され、朝食を食べながらの歓談。


その後、現在この女子寮の学生代長で、バカロレア受験に向け準備中でもある(Terminalクラス) Malenaさんが構内を案内してくれました。実際に利用することになるお部屋は8人部屋で、大きく綺麗に新装された部屋に二段ベッドが4つ、各自大きな収納棚もあります。洗面所は常に綺麗に清掃されていて快適とのこと。洗濯に関しては共同のかごに入れておけば毎日自分専用の棚に家政婦さんが洗濯したものをたたんで返却してくれるとのことでした。また、共同のキッチンやシアタールーム、スポーツルームなどの各施設を案内してくれました。Mさんの気になっていた寮生活での質問にも一つ一つわかりやすく丁寧に答えてくれました。寮から移動し、実際に授業を受けることになる教室棟も見に行きました。

 

その後同建物内にあるFLE学長のマダム ジャンビエのオフィスへ。
マダムはMさんの現在の様子、フランス語の勉強の状況をヒアリングしながら、エコールデロッシュでの勉強の仕方を丁寧にお話してくださいました。
「ここでは、会話にあたり文法上の間違いや失敗は一切気にしないでくださいね。それよりも話そうとする努力、フランス語を学ぼうとする意欲を評価します。だから間違いは気にしないことですよ」と、この事を何度もくり返すマダムジャンビエの言葉にMさんも大変安心されたようでした。


また、授業が終わったあとは寮に戻り各自自習をしたりする部屋も寝室とは別にあるのですが、そこにもFLEの先生が毎日顔を出してくれるそうです。(学業に関するシステムが徹底しています!)その際は授業中に聞けなかったことや、わからなかったことを改めて確認することができますし、また、寮生活や学校生活全般に関する質問でしたら寮内にいつもChef de Maisonがいらっしゃいますから安心ですね。

 

マダムとの話し合いが終わると、一旦寮へ戻り、お昼の時間です。
こちらも新装されたばかりの綺麗なレストラン。寮からは構内を歩いて3分程のところにあります。ここで毎日朝、昼、夜を食べることになります。
朝は7時半から8時の間にここに来て朝食をとります。授業は8時からですから、朝は少し急がないといけませんね。お昼は基本的には前菜、メイン、デザートといった日替わりのメニューなのですが、この日はオープンスクールということもありビュッフェ形式の軽食が並んでいました。
夕食や週末に関してはリラックスできる格好でレストランに来て大丈夫ですよ。とおっしゃっていました。

 

この日のランチはFLEの先生から紹介され、学業優秀でお墨付きの学生(Terminalクラス)Suzanneさんとご一緒しました。Suzanneさんは来年からロンドンの大学に通われる予定で、大学を選んだ理由や、明確な将来のビジョンを語ってくれました。ここEDRでたくさんの事を学んだのでしょう。Malenaさんにしてもそうですが、このEcole des Rochesを家族の様に思い、巣立っていった後もまた必ず遊びにくる。といっていました。


また、彼女たちはMさんの入学する9月にはもういませんが、新入生を温かく迎えたいという気持ちが伝わって来ました。そしてこの歴史ある学校で沢山の事を学んでね。と教えくれました。

さて、この日のオープンスクールはこれで終了となりますが、9月の入学前にもう少し学校の様子を知りたいととっても前向きなMさんの為に、今回6月に体験入学の受入をしてくださる事になりました。


3泊4日、実際に寮に泊まり、他の学生との交流、授業への参加を体験することになります。実際の入学・入寮前にこの様に学生の心配を少しでも取り除こうとご配慮くださる学校側の姿勢に大変感動いたしました。

 

あっという間のオープンスクール参加でしたが、沢山の方々とお話しする事ができて、随分安心されたご様子でした。FLEの先生は、今回Mさんに、ちゃんと授業を受けていれば3ヶ月で話せる様になりますよ!とおっしゃっていたのが印象的です。よほど自信があるのでしょう。

帰りはVerneuilの駅まで送っていただき、列車に乗り、二人で今日一日を振り返りお話しをしていたらあっという間にモンパルナス駅に到着しました。
メトロでステイ先までお見送りし、お別れとなりました。