留学時期

Top>留学時期

就学前の留学
なぜ子供が幼い時期に、親子がシェアするはずの貴重な時間を費やしてでも、幼児期の単身海外留学を選ばれるのでしょうか。幼児での留学の場合は、保護者の方の思いが大きく反映されています。

>>続きはこちら

 

小学校での留学
お子様の10年後、20年後を見据えて、早期から国際感覚豊かな環境での<体験>を求め、小学生時代に短期・長期での留学をする方が増えています。

>>続きはこちら

 

中学校での留学
在籍中の教育機関では満足できない、将来の夢の方向性から進路を変更したい、環境を変えることで次のステップに進みたい、10年後にどうありたいか?ということから逆算して中学生の間に留学を希望する方もいらっしゃいます。また、高校からの留学に比べ、それほど高い語学力が求められないため、中学生からの留学を希望する方も近年増加傾向です。

>>続きはこちら


高校生での留学
一般的に、ネイティブスピーカー、またはバイリンガルになれるのは10歳くらいまで、と言われます。すでに高校生になると、友人関係、学業などで新しい環境に先入観なく飛び込んでいける年齢ではなくなっているため、異国の地でのカルチャーギャップから多くのトラブル、精神的な悩みに遭遇することも多いでしょう。ただ、そういった経験から、一回りも二回りも大きくなれるのは事実です。そういった様々な経験を乗り越えるには、ご自身の強い気持ちと、ご家族の精神的な支えが必要です。

>>続きはこちら

 

高校卒業後からの留学
高校卒業して、専門分野を学びに海外の高等教育機関に留学をする方も増加しています。特に、音楽、アート、モード、製菓、料理、フラワーなどの分野は、今まで日本で専門学校や大学を卒業してから留学をする方が多かったのですが、それが、近年は語学力の上達スピードや考え方が柔軟なうちに高校卒業時の進学先として選択する方が増加しています。
>>続きはこちら

 

フランス留学の案内はこちら