東京汐留の多目的レンタルスペース、汐留ホール。ピアノや楽器、バレエの練習場所や発表場所としてご利用いたけます

マスタークラス

マスタークラス ヴァンサン・ル テクシエ(声楽)

vocal avec Vincent Le Texier

 

ヴァンサン・ルテクシ世界はもとより、日本でもオペラのタイトルロールを歌い、活躍の場を広げているヴァンサン・ル テクシエ先生のマスタークラスです。特にドビュッシーのオペラを得意としており、今回もぺレアスとメリザンドから何か歌いたければとてもいい機会です。また、フランス歌曲のみならず、他国の作品等、幅広く指導いただけます。


表示価格は全て税別です。

日程

2017年11月20日(月)10:00~19:00(予定)

受講料 23,000円/1レッスン 60分 通訳付
指導教授

ヴァンサン・ル テクシエ  オペラ、コンサート歌手、バリトン

レッスン内容

声楽:曲目はフランス歌曲に限らず、他国の作品も可能です。
※バリトン以外の方の受講も可能です。
※伴奏が必要な場合は、受講料(23,000円)プラス2,000円で承ります。

聴講料

3,500円、中学生以下 2,500円

会場 汐留ホール
申込 オンライン予約フォーム

 


ヴァンサン・ル テクシエ Vincent le Texier  バリトン歌手

 

ヴァンサン・ルテクシエはエコール・ダール・リリック・ド・パリにてU.ライヌマンのもと歌を学ぶ。
H.ホッター、Ch.ルードヴィッヒ、E.シュヴァルツコフ、W.ベリーとの出会いはその後の彼の歌手活動を決めるものとなる。
バリトン歌手としての技量もさることながら舞台での役者としての力量も早くから注目され、大演出家たちから賛辞をうける。B.ウィルソン、G.ラヴォドン、 A.エンゲル、R.カールセン、Y.コッコス、Ch. マルタラー 等
デビューはドビュッシーのオペラ「ペレアスとメリザンド」のゴロー役である。このゴロー役で、2014年12月にシャルル・デュトワの指揮のもとNHKオーケストラと東京公演に出演した。


これまでに世界中の名だたる劇場で、オペラあるいはコンサートに出演し(パリオペラ座、リヨンオペラ座、ボルドー、パリシャンゼリゼ劇場、シテドラミュージック、ブリュッセルモネ劇場、サンフランシスコオペラ、ジュネーブ、ベニス、シュツットガルト、マドリッドテアトロレアル、サンパウロ、コンセルトヘボウ)、一流指揮者と共演している,Aロンバー、M.ミンコフスキー、K.ナガノ、J.ネルソン、M.ヤノフスキー、E.クリヴィンヌ、Ch.エッセンバッハ、 D.カウカ、A.アルティノグル、M.W.チュン、R.ムーティ、S.カンブールラン、Ch.ルセ、Ph.ジョーダン、S.ドゥネーヴ、S.メルキ 等
2017年11月にはメシアンのオペラ「アッシジの聖フランソワ」でタイトルロールで出演。これは日本では初の全曲演奏となる。


すでに複数のCD録音がある。
M.Marais, A.Grétry, J.G Ropartz, E.Bloch, N.Boulanger...
そのほかDVDも発売されている。
Médée de L.Cherubini (K.Warlikowski / Ch.Rousset) chez Bel Air Classiques, de Pelléas et Mélisande de
C.Debussy chez NAIVE (B.Wilson / Ph.Jordan) et chez ARTHAUS MUSIC (N.Lehnhoff / S.Soltesz) et chez EOLE
RECORDS des Pigeons d’Argile de P.Hurel (M.Clément / T.Ceccherini).


 

問合せ先

日仏文化協会汐留ホール
TEL:03-6255-4104
hall@ccfj.com

〒105-0021 東京都港区東新橋1-7-2汐留メディアタワーアネックス1F