第2回フランスピアノコンクール

 

コンクール結果はこちら

 

2013年に行われた「日仏文化協会フランスピアノコンクール」の第2回開催が決定いたしました。
2013年のコンクールでは初回の開催にも関わらず、多くの出場者に恵まれました。入賞された池山様は現在エコールノルマル音楽院で奨学生として学ばれたりと、皆様その後のご活躍も目覚ましいものとなっています。

第2回は2日間を設け、2015年3月27日(金)に<プロフェッショナルの部>を、28日(土)には<成人一般の部>と<子どもの部A・B>を開催。より幅広く出場者を募集し、未来の音楽家の発掘を目指しています。

 

本コンクールでは、各賞の授与に加え、コンクール出場者全員に後日審査員の講評をお送りします。また、コンクール前には審査員長であるヴェロニク・ボンヌカーズのマスタークラスを予定しており、直接指導が受けられます。

尚、日仏文化協会では、フランス著名音楽院(パリ国立高等音楽院、地方音楽院、パリ・エコールノルマル音楽院等)へ留学中の留学生ガラコンサートの開催、著名音楽院教授のマスタークラス等を行っています。留学の斡旋のみならず、日本国内で学ぶ方、留学を目指す方にとっても、今後の活躍に一助をなすべく支援、学びの場、発表の場を提供しています。

 


日程
プロフェッショナルの部:

2015年3月27日(金)

10:00 受付開始

10:30~12:30 グループ1演奏

12:00 グループ2受付開始

 

12:30~13:10 休憩

 

13:10~14:40 グループ2演奏

14:00 グループ3受付開始

 

14:40~14:50 休憩

 

14:50~16:05 グループ3演奏

演奏終了後審査、17:00頃から表彰式

成人一般の部・子どもの部A、B

2015年3月28日(土)

10:00 受付開始

10:30~12:30 成人一般の部演奏

演奏終了後審査、13:00頃から表彰式

 

13:20~14:00 休憩

 

12:30 子どもの部A受付開始

14:00~15:40 子どもの部A演奏

 

15:40~15:50 休憩

 

14:00 子どもの部B受付開始

15:50~16:50 子どもの部B演奏

演奏終了後審査、17:30頃から表彰式

 

申込資格者
プロフェッショナルの部:

音楽高校および音楽大学の在籍中の方、卒業生、または同等の能力を有する方(2015年3月31日時点で30歳以下)

成人一般の部

音楽を愛しピアノを学び、ご自身の演奏の評価を得る機会を求めている方。

(年齢不問)

子どもの部A

 

子どもの部B

6歳から12歳 ピアノを学び、将来高いレベルを目指している方

現在の実力を試したい方

13歳から17歳 ピアノを学び、将来高いレベルを目指したい方、

現在の実力を試したい方

※高校生の方は、プロフェッショナルの部と、子どもの部Bどちらかへのご参加となります。現在までのご自身の演奏経歴、課題曲等をご参考の上、お選びください。

※30歳以下でVéronique BONNECAZE賞を希望する方は「プロフェッショナルの部」での申込をお願いいたします。

申込 ※締め切らせていただきました。たくさんのお申込ありがとうございました。
申込手続きの流れ
1 2014年9月1日(月)より応募開始となります。
2

申込フォームに必要事項を入力の上、送信してください。

※資料請求をご希望の場合は03-6255-4104(汐留ホール)までお電話ください。

3

弊社で内容を確認後「応募費用」の振込についてご案内メールをお送りいたします。
また、同時に「参加申込書」をメール添付でお送りしますので、必要事項を記入していただき返送ください。

※郵送をご希望の場合はお気軽にお申し付けください。

4 「応募費用」と「参加申込書」の提出を以て、参加手続き完了となります。
※応募開始後、定員になり次第締め切らせていただきますので、ご注意ください。
参加費用
プロフェッショナルの部: 35,000円(税込37,800円)
成人一般の部 38,000円(税込41,040円)
子どもの部A,B 20,000円(税込21,600円)
課題曲

プロフェッショナルの部:計3曲 演奏時間合計15分以内 演奏曲順は自由

以下の異なる時代から3曲選び、その内1曲は必ず練習曲を選択すること。
<バロック・古典>スカルラッティ、バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン等の作品
<ロマン派>メンデルスゾーン、ショパン、シューマン、リスト、ブラームス等の作品
<近現代>ドビュッシー、フォーレ、ラヴェル、プロコフィエフ、バルトーク、ラフマニノフ等の作品
<練習曲>ショパン、リスト、ラフマニノフ、スクリャービン、ストラヴィンスキー、ドビュッシー、リゲティ等

 

成人一般の部:計2曲 演奏時間合計12分以内 演奏曲順は自由

異なる形式の作品を2曲

 

子どもの部A,B:計2曲 演奏時間合計5分以上、10分以内 演奏曲順は自由

バロックまたは古典の作品から1曲選択
ロマン派または現代の作品から1曲選択

 

※演奏の規定時間は厳守すること。演奏が規定時間を超えた場合、審査員が演奏を中断致しますが、審査に影響はありません。
※課題曲を参加申込書に記入する際、作曲者名、曲名、調、作品番号、Op番号、楽章、演奏時間を必ず正確に明記すること。

※曲のカットと繰り返しは不可、ただし、組曲内の数曲演奏やソナタの一部楽章演奏は可。
審査・表彰

審査結果は即日発表し、表彰式もコンクール同日に行います。
・各賞の詳細は下記の通りです。

プロフェッショナルの部
Véronique BONNECAZE賞

パリ・エコールノルマル音楽院より学費一年間免除の奨学金

(2015年10月よりVéronique BONNECAZE先生のクラスへ入学)

ビスカロッス賞 フランス ビスカロッスでの音楽アカデミー参加権(受講料免除)
※交通・宿泊費は自己負担です
マスタークラス参加賞 次回のVéronique BONNECAZEマスタークラス参加権(受講料免除)
フランス・アメリック賞 2015年度開催のフランス・アメリックサークルでのコンサート出演権
※交通・宿泊費は自己負担です
SHIODOME HALL賞 2015年夏開催予定「第5回フランス音楽留学生ガラコンサート」出演権
ショパンマガジン賞 音楽雑誌 月刊ショパン1年間分贈呈
成人一般の部
ビスカロッス賞 フランス ビスカロッスでの音楽アカデミー参加権(受講料免除)
※交通・宿泊費は自己負担です
マスタークラス参加賞 次回のVéronique BONNECAZEマスタークラス参加権(受講料免除)
SHIODOME HALL賞 2015年夏開催予定「第5回フランス音楽留学生ガラコンサート」出演権
ショパンマガジン賞 音楽雑誌 月刊ショパン1年間贈呈
子どもの部A:B(各)
マスタークラス参加賞 次回のVéronique BONNECAZEマスタークラス参加権(受講料免除)
日仏文化協会賞 日仏文化協会 フランス語講座 フランス語学習教材Bon séjour贈呈
ショパンマガジン賞 音楽雑誌 月刊ショパン1年間分贈呈


・審査員による講評が、参加者全員に後日郵送されます。
・各入賞者は当コンクールホームページでも発表されます。

コンクール

当日の流れ

2015年3月中旬に、コンクール当日のスケジュール(演奏順等)をお送りいたします。
途中昼食休憩(約30分)がございます。
審査後、各賞の発表と表彰式を予定しております。
聴講 無料(要予約)
会場 汐留ホール
主催 日仏文化協会
審査員

3月27日(金)プロフェッショナルの部

パリ・エコールノルマル音楽院教授 Véronique BONNECAZE Véronique BONNECAZE
東邦音楽大学大学院教授 藤井一興 藤井一興
東京音楽大学准教授 川上昌裕 川上昌裕
洗足音楽大学講師 末高明美 末高明美

 


3月28日(土)成人一般の部、子どもの部

パリ・エコールノルマル音楽院教授 Véronique BONNECAZE Véronique BONNECAZE
東京音楽大学准教授 川上昌裕 川上昌裕
洗足音楽大学講師 末高明美 末高明美

 

その他・注意事項 ・締切日前でも定員に達し次第、締切となります。
・コンクール当日のスケジュールは3月20日前後に参加者に通達されます。
・演奏曲を事前に登録頂いた曲から変更される場合は、3月6日(金)までにご連絡ください。
・課題曲を参加申込書に記入する際、作曲者名、曲名、調、作品番号、Op番号、楽章、演奏時間を必ず正確に明記すること。
・審査員による講評が、参加者全員に後日郵送にて送られます。
・入賞者は当日授賞式にて発表表彰され、全入賞者はホームページでも発表されます。
・コンクール情報の記載内容が一部変更される事がありますが、このホームページの内容が最新となりますので、ご注意ください。


 

2013年受賞者の声

池山恵未さん池山恵未さん 

ヴェロニク・ボンヌカーズ賞受賞(2013年10月からパリ・エコールノルマル音楽院へ留学(一年間の学費免除))
上野学園大学卒業。2013年 日仏文化協会フランスピアノコンクールコンクールにおいてヴェロニク・ボンヌカーズ賞受賞。

 

 

コンクールの感想
フランス人作曲家の作品が多く弾けることに魅了を感じエントリーしました。
会場は審査員の先生方との距離が近く、大きなホールで行われるコンクールとはまた異なった緊張感の中での演奏となりました。コンクール終了後は講評を直接頂くことが出来、先生方との距離が近いことも良かったことの一つです。またその日の夜に行われたヴェロニク先生のコンサートに出演させて頂くことも出来ました。コンクールの間は日仏文化協会のスタッフの方々が温かくサポートして下さり落ち着いた気持ちで演奏することが出来ました。


コンクール後の生活について(留学生活)
コンクールで留学をさせて頂けることが決まり半年後の渡仏に向けすぐにフランス語の勉強を始めました。
様々な準備を経ていざ留学生活が始まり、憧れ続けていたパリで勉強出来ることに喜びを感じています。一方慣れない環境での生活で戸惑うこともありますが、ヴェロニク先生のレッスンから毎回多くのことを学んでいます。妥協を許さない厳しいレッスンの中で、作曲家それぞれのスタイルをきちんと理解することや、演奏時の身体の使い方など的確なアドバイスを頂き改善する努力をしているところです。先生は常にご自身の演奏で示して下さるのですが、先生の音色の多彩さやリズム感の素晴らしさにレッスン中ながら毎回感動しています。また1回のレッスンで得たものは次のレッスンまでに完全に身につけて受け身のレッスンにならないように心がけています。昨年は様々なコンクールに挑戦し、舞台での経験の他に審査員の先生方やそこで出会った友人から多くの刺激を受けました。今年も積極的に挑戦していきたいと思っております。
室内楽はN.リスレー先生に師事し弦楽器とのアンサンブルの中でフレージングや息遣いなどを側で感じ、毎回様々な発見をしています。昨年に引き続き今年も様々なコンサートに出演させて頂く予定で今からとても楽しみです。
こちらで生活をする中でこれまで先生方から頂いた数々のアドバイスの意味がわかるようになったり、フランス人の価値観に触れ自分の考えが明確になったりと日常生活での様々な経験も音楽に取り組む際の糧に出来たらと考えています。
多くの芸術が溢れる素晴らしいこの環境で学べることに感謝し、日々努力を重ねていきたいです。


これからコンクールを受ける人に一言
私はフランス音楽コンクールで留学するチャンスを頂き、ヴェロニク先生に師事することが出来たことは本当に幸運なことだと思っております。留学の他にもコンサートに出場することが出来たりと魅力の溢れるコンクールです。また一時帰国をした際には日仏文化協会の方々が温かく迎え入れてくださり、コンクールの後も変わらず応援して頂けていることを本当に嬉しく思っています。
これから出場する方それぞれにこのコンクールが音楽活動の良いきっかけとなることを祈っています。

 

白井万椰さん 白井万椰さん 

カリアリ賞受賞(2013年8月開催イタリア・カリアリの音楽アカデミー参加権 授業料・宿泊費用免除)
神戸女学院大学卒業。2013年、日仏文化協会フランスピアノコンクールにおいてカリアリ賞受賞。

 

 

2013年、パリ地方音楽院に合格し、現在オリヴィエ・ギャルドン(Olivier GARDON)先生のクラスに在籍。

2012年の「フランス音楽コンクール」で、カリアリ賞を頂きました。そして、2013年カリアリの夏期講習に参加することが出来ました。
カリアリでは、素晴らしいレッスンを受け、大変充実した講習となりました。また、多くの出会いもあり、
このような貴重な体験をさせて下さった日仏文化協会に大変感謝しております。
その後、パリ地方音楽学院に合格することができ、現在は学校に通いながら毎日多くのことを勉強しています。ようやくパリでの生活に慣れてきましたが、まだまだ戸惑うこともあり、日々奮闘しています。
これから日仏コンクールに参加される方々はフランス音楽に興味がある方も多いのではと思います。フランス音楽に造詣の深い先生方のアドバイスをいただける貴重な機会です。
ぜひこのコンクールを通して、演奏の向上はもちろん、人との出会い、様々な情報の交換など輪が広がり多くの可能性が開けていきますようにお祈り申し上げます。

 

問合せ先

日仏文化協会汐留ホール
TEL:03-6255-4104
hall@ccfj.com

〒105-0021 東京都港区東新橋1-7-2汐留メディアタワーアネックス1F